中古ドメインを使うのはSEOにとって非常に重要な選択肢です。新規ドメインと違って中古ドメインはものによりますが、被リンクが貼れているので新規ドメインよりは順位が上がりやすいとされています。中古ドメインで順位を上げましょう。

中古ドメインを使って順位を上げるためにすること

中古ドメインを使って、順位を上げているイメージまず1つ目に大切なのはコンテンツ量です。
中古ドメインは確かに強力ですが、ドメインパワーだけで上位に上がることは難しく、トップページのコンテンツ量を増やすことやベージ数を増やしてロングテールを拾っていくことが求められます。
中古ドメインだけで上位表示できるわけではないので注意してくださいね。
次にサイトで狙っているキーワードのバックリンクを送ることです。
中古ドメインには以前使っていたサイトのバックリンクがあります。
関連サイトはもちろん旧サイトのものとなるので、新しく狙うワードを追加する必要があるのです。
この作業が最も重要だと言われており、既存のリンクが多ければその分リンク数が必要になります。
既存のリンクが少なければ、本数は少なくて済みますがドメインパワーが弱いというわけです。
最近はバックリンクを使ったブラックSEOの評価をグーグルが下げる傾向にあり、バックリンクドメイン数は少ないほうがよいかもしれません。
ただ、バックリンクが全くないサイトでは上位表示するのに時間がかかるうえ、莫大なコンテンツ量が必要となります。
適度なバックリンク数が一番よいというわけですね。
適切なリンク本数は20本や30本、100本など様々な通説があります。
○○本送っておけば大丈夫というわけでもないので、それぞれが検証してみる必要があるでしょう。
アンカーテキストに関してもリンクを送るときは重要です。
同じキーワードばかりでリンクを送ればスパム扱いになる危険性もあります。
ただリンク効果としては明確に強くなるので、その取捨選択は大切でしょう。
文章にしてリンクを送ればスパムになることはありませんが、リンク効果が分散してしまいます。
キーワード単体はあまりリンクとして良くないという意見もあるので、そのあたりも加味したアンカーテキストを決める必要がありそうですね。
あとはリンク本数を減らすというのも効果的かもしれません。
減らせるのは自分で送ったリンクだけですが、過剰リンクが原因で上位表示せずにリンクを外したら順位が上がったというケースもあるようです。
リンクに関しては毎日Googleのアルゴリズムが変更されていることからもその都度確認する必要がありそうですね。
中古ドメインも上手につかえば、上位表示に役立つことは間違いありません
バックリンクに使うもよし、メインサイトに使うもよし。
上記ポイントを抑えつつ、上位表示目指してコンテンツ作りしてくださいね。

中古ドメインを使って順位が上がりやすくなる理由

中古ドメインで順位を上がりやすくなる理由を考える男性中古ドメインを取得し、使用すると本当に順位が上がるのか?半信半疑の人が少なくないですが、やはりアフィリエイトをしている人にとっては、中古ドメインで順位を上げていく方法が欠かせないようです。

●良い中古ドメインをまずは見つける
取得したのはいいけど、ブラックリストドメインだとどうしようもありません。
ですので初めにブラックリストドメインかどうか、調べる必用があります。
Agues.jpで、チェックしてみましょう。
調べたいドメイン名を入れて、「検索」をクリックして下さい。
表示情報の一番下にスクロールすると、その他の情報欄からブラックリスト情報の確認が出来ますので、判定結果が「〇SAFF」なら大丈夫です。

●中古ドメインで順位を上げよう
良いオールドドメインを使うことが順位を上げる条件になってきますが、これはSEOの手法の一つと言えます。
悪いオールドドメインでは効果がありません。
良いオールドドメインであれば、一気に順位を上げることが出来ます。
よく順位を上げる手法として、サイトの情報量を増やすという手法がありますが、良いオールドドメインを使えば簡単に順位が上げられます。

●なぜ順位を上げることが出来るのか?
古くから使用されてきたドメインは、いろんなサイトなどの媒体より被リンクを沢山得ている可能性が高いからです。
ドメインは、運営期間が長ければ長いほど、検索エンジンからの評価も高くなってくるので、新規ドメインでサイトを育てていくより、結果を早く出せる可能性があると言えます。

●新規ドメインではダメなのだろうか?
新規ドメインでの運営が悪いわけではありませんが、取得後3ヶ月~半年、あるいは半年~1年ほど時間がかかりますし、検索順位も上がりにくいので、上位表示が難しく皆さんに見てもらえない状態が続くと予測されます。アクセスを集めるのが、とても大変になってしまいます。

●いきなり結果を出すことが可能
新規ドメインではなく、中古ドメインを活用して新たなホームページを作成すれば、運営開始直後からいきなり上位表示されるということが起こります。
上位表示されれば、クリック率も上がりアクセス増加も見込めます。
まずは大勢の人に見てもらわなければビジネスになりませんので、アクセスを簡単に増やす手段としてとても有効です。

オールドドメインを使用する方法は、サイト運営のスタートを楽にする手段の一つにすぎないので、これをきっかけにサイトのコンテンツを充実させていくことにも力を注いでいけば、アクセスが高い高順位を保てるサイト運営が出来ていくことでしょう。

中古ドメインにリスクは存在する?

中古ドメインとリスクのイメージ本格的にWEBサイト運営を行っていく上で、ドメインを取得するのはもはや必須事項と言えるでしょう。
特に、長きにわたって運営していく予定で、更に効果的なアクセスアップを図っているなら必要不可欠です。
そんな中、より効果的かつ経済的な方法として、新規ドメインではなく中古ドメインを取得するという方法が挙げられます。
わざわざ新規ではなく、中古のドメインを取得する最大のメリットとしては、エイジングフィルターが解除されている点にあります。
ドメインを取得して最初の数ヶ月は、エイジングフィルターといって、「このサイトは良質なサイトか」といった審査期間ともいうべきフィルターをかけられた状態になり、正当な評価が受けられず検索順位が上がりにくいというデメリットがありますが、中古ドメインはこの期間を脱しているため、最初から検索エンジンの評価を正当に受けやすく、検索順位も反映されやすくなっています。
また、これまで使用されていたサイトの被リンクがそのまま受け継がれます。
高ランクサイトから被リンクされていた場合、最初からかなりのスピードスタートとなるのです。
しかし、中古ドメインにはいいことばかりではありません。
デメリットももちろんあるのです。
まず、良質なドメインであるほど高額です。
ランク5や6になると30万円ぐらいにまで価格が上昇することも。
中古ときいて安いイメージがあるかもしれませんが、この場合は逆です。
そして最大のデメリット・リスクとなるのが、先代のドメイン所有者が何らかのペナルティを受けていた場合、そのペナルティも引き継ぐこととなってしまうのです。
なんだか遺産相続と似ていますね。
先述の通り、中古は新規よりも高額です。
そんな、高い費用を支払ったのに、ペナルティが引き継がれ、検索結果に全く表示されない、圏外扱いを受けてしまうなんて、泣きっ面に蜂。
しかし、この救済策として、先代の運用歴を調べることのできるサイトがあります。
中古ドメインを購入する前に必ずチェックしておきましょう。
アダルトサイトに使用されていた、というドメインもやめておいた方が良いです。
また、この他のリスクとして、ごくまれに中古サイトは数ヶ月で突如圏外に飛ばされてしまうこともあります。
先代に何ら問題がなかったとしても、引き継いだ被リンクやページランクが正当なものではない、とGoogleに判断されることがあり、その場合はどうあがいても検索上位に食い込むことができません。
うまくいけば高ランクへといきなりアクセスアップすることが可能ですが、急激にランクダウンするという危険性もはらんでいることを念頭においてください。

中古ドメイン関連記事