中古ドメインを使うのはSEOにとって非常に重要な選択肢です。新規ドメインと違って中古ドメインはものによりますが、被リンクが貼れているので新規ドメインよりは順位が上がりやすいとされています。中古ドメインで順位を上げましょう。

楽天ソーシャルニュース掲載で閉鎖された中古ドメイン

中古ドメインがもてはやされていますが、どのドメインを選んでいいか分からないという方も多いようです。そのような場合は有名ニュースサイトに載っているような個人が運営するウェブサイトが閉鎖されていないか確認していくとよいです。中古ドメインの価値はバックリンクの強さです。バックリンクはSNSでのリンクも重要ですが、昔ながらのブログやホームページでのリンクも重要です。これらのリンクの中でも特に注目されているのがニュース系サイトへの掲載リンクです。楽天ソーシャルニュースなどの視聴者が多いニュース系サイトで掲載されるようなウェブサイトのリンクは大変価値があります。しかも、個人運営だった場合は閉鎖されるケースもよくあります。また、企業運営でも短期運営のケースも多く、閉鎖は意外と多くあるものです。そのようなドメインは放棄されることが多いので注意してみておきたいものです。ドメインは年契約なので有効期限を調べられます。ドメインの所有者は匿名である場合もありますが、有効期限は確実なものが公開されているのでその期間が延長されていないか確認すればいいのです。放棄されたドメインは再販業者にすぐに買われてしまうことが多いので狙うドメインが決まったらすぐに買えるようにしたいものです。予約等はできませんが、切れればすぐに誰でも買えるようになります。中古ドメインは多くの利点があるのですが、バックリンク以外に特に注目されているのがドメイン履歴です。検索サイトではウェブサイトの履歴を保存していると考えられており、表示順位を決める際のポイントになっている場合が多いと考えられています。そのため、長くウェブサイトを運営し、定期的に更新されている場合は評価が上がると考えられてきています。もちろん、コンテンツ自体の良さも重要ですが、積み重ねられた年月も重要視されているのです。新規サイトではコンテンツがいかに良くても上位表示が難しいカテゴリなら厳しい戦いとなります。そこで中古ドメインを利用して評価を引き継ぐのです。引き継ぎは同じカテゴリなら比較的簡単であると考えられており、さまざまな事例が紹介されています。特に楽天ソーシャルニュースなどのニュース系サイトに載っているドメインの再活用は事例が多くなっており、検索順位がページ外だったウェブサイトがドメインを変えただけで一気に1P目に登場した事例もあります。カテゴリとコンテンツを古いサイトに合わせるだけで引き継げるのでお得なテクニックとなっています。

中古ドメイン関連記事