中古ドメインを使うのはSEOにとって非常に重要な選択肢です。新規ドメインと違って中古ドメインはものによりますが、被リンクが貼れているので新規ドメインよりは順位が上がりやすいとされています。中古ドメインで順位を上げましょう。

閉鎖されたサイトの中古ドメインは貴重でラベルも有効

中古ドメインと閉鎖されたサイトのイメージ閉鎖されたサイトがあったらドメイン情報をちぇっくし、廃棄されたなら引き継いで新規サイトに利用したいものです。特にPVや逆アクセスランキングで上位だったサイトは価値があります。サイトの価値は特に検索サイトでの上位表示とアックリンクの数です。どちらもすぐに構築できるものではないので中古ドメインを購入することで手間と時間を削減することが出来るのです。特に検索サイトでは各サイトをラベル化して管理しているとも考えられており、同じカテゴリの記事ならそのままの評価を与えてくれるので上位表示がいきなり可能となります。検索サイトはサイトの契約者を見ていないので閉鎖された場合でもリニューアルしたと考えて新規サイトを受け入れてくれることが多いです。また、旧サイトが行ってきたことが引き継がれますから最初は検索順位に影響が少ないドメインであってもバックリンクなどがしっかりしていればすぐに検索順位を上げてくれることが多いです。バックリンクについては可能な限り相対パスでリンクされている中古ドメインを選びたいものです。バックリンクをチェックするサイトは多数ありますからすぐにチェックできます。その際、可能な限りリンク先をチェックしてアダルトにリンクされていないか、機械的なサイトでないかをしっかりチェックしておきたいところです。業者がリンクを作る際に行われるのがアダルトサイトでのリンクとツールの利用です。一見リンクは増えていると思われがちですが、アダルトサイトでない新規サイトであれば逆効果となりますし、ツールの利用は検索サイトで悪評を得る可能性が高まっています。時間をかけて手動で作られたバックリンクが多いサイトほど検索サイトで高評価を得やすいです。さらに相対パスであれば新規サイトでもリンクを作りやすいです。絶対パスでリンクが貼られている場合、CMSによっては1つづつパスを設定しなくてはならないので手間が大幅に増えます。絶対パスが多いサイトも価値は変わりませんが、リンクが切れてしまえば検索サイトで評価が落ちるケースも多いです。相対パスで作られているサイトを選ぶことで記事を追加するだけでリンクを上手に受け継げることになります。また、SNSでのリンクも重要になっています。SNSでのリンクは古いリンクでもまたいいねしたり、リツイートされることも多く、何度もPVを増やしてくれる可能性が高く、価値が大変高いものです。

中古ドメイン関連記事